不安という”トラウマ”

 


日が短くなりました。午後、6時になるとあっという間に暗いなります。


昨夜はどんよりした天気でしたし山の向こうは霧が濃かった。





帰りが遅くなりました。 
 



閉塞性化膿性胆管炎といい、生命の危険もある病態で、体内に溜まった液体を
閉塞部にチューブを挿入してバイパスを作り胆汁の流れを生理的に近い状態にしていただきました


このお話は↑後にアップします






まずはわんのお話から~




昨日
20110914 016 

久しぶりに
広場で駆け回ったミミでした。


20110914 014 


そりゃあ、もう~というくらい円周します。向こうのトトさんは
いつものごとく臭いクンクン。



20110914 015 

同じ家で生活しているのですから家族であり

自分の前に先住犬がいるのも御承知のうえ。このミミさん、外ではそれはもう、

トトさんにお構いなしに自由に走ります。


20110914 010


マイペース派のトトさんはスリスリしていました。


午前はこんな散歩の様子でした。


ところが




半日、家を開け(別に問題はなかったはず)



外を見て留守を守るのもトトのお決まりのコース。でもね・・・この仔も



不吉な予感
がしたんでしょうね。トラウマっていうやつです。


『だんだん、外は暗くなる。。おじいちゃんもママも帰ってこない…』




ふあん・・・





飼い主は・・今はミミも一緒だから大丈夫!(返って、ミミのほうがまだ心配!?)


と思ってたくらいデシタ

 



数年前、


父の脳に腫瘍が転移したという診断がでて、急遽入院した日


あの日あたりから、トトはお留守番というのがすっごく苦手になった。(~_~;)


あの日は朝から、晩まで留守だった。午前は検査で午後は転院先で検査、入院。



戻ってきたときは外は真っ暗で街灯から反射した灯りで窓辺にくっついた

トトの姿がみえ、わんわん、きゃんきゃんと泣き叫ぶ声が聞こえた。




ミミという相棒、妹がトトと暮すようになってからは年々、トトのお留守番体制もかわり

20110914 013


いい傾向だと安堵していた


なのに



20110914 017 


昨夜、ねねも夫も帰宅し




落ち着いた頃



又、後ろ足をカリカリし、興奮気味になった



あの赤かった肉球は治まってきたはずだったのに・・




留守中



舐めていた!と判明




真っ赤にまでは至らないけど、むず痒い?痛さもあったのか・・




数時間:(;゙゚'ω゚'):

この仔の興奮さを治めるのに難儀した。




片や、ミミはトトの興奮さに驚くし、抱っこされてるトトに
やきもちやくし・・







予定ならば、今の時間も義母の病院にいってるはずなんだけど





昨夜の疲れなのか2わんともスヤスヤに寝てる。



ミミだっていい迷惑だったと思う。寝るにも寝つけなかったし・・



(ねねが・・・こういう場合お母さんが一人で2わんをみるって

大変さがわかったぁ・・ッて)







続きは・・へ顔をだしてからにいたしますね

ご訪問、コメントありがとうございました。御返事遅れます<(_ _)>


Comments 6

チーちゃん  

トトママさん、こんにちは。
↓のコメ返読みました。
パパさんも心配されているでしょう。
時間がゆっくり過ぎてほしいね。
トトママさんも忙しくなると思うけど
無理しないでくださいね。
トトちゃん、大丈夫かな?
一人っ子の時のお留守番のことを思い出して
不安になっちゃったんだね。
ママはここにいるよ!って安心させてあげてくださいね。

2011/09/15 (Thu) 15:52 | EDIT | REPLY |   
レオンのかあちゃん  

私たちの 不安と言うものは 一緒にいる わんこ達には わかるものなのでしょうね
いつもいる人が 暗くなっても帰ってこない
これは 凄い 不安
レオンも たかが 2時間の留守番も嫌いです
あまり 接触のない息子にさえ 出かけようとすると ワンワンきゃんきゃん うるさい
コイツ 出かけるな って勘もするどい 見破られます
ストーカー激しくなります

なんか いつもと違うと さっしているのでしょうね
物分かりの良い トトちゃんだからこそ 大好きだった おじいちゃんが 帰ってこなくなったあの日を思い出しちゃったのかも
病院の往復 心配事 いろいろ苦労が 増えそうですね
無理なさらないようにね

2011/09/15 (Thu) 16:41 | EDIT | REPLY |   
くーちゃん  

お義母さん、大変な病気になられたんだね・・
胆のうを取ってしまった友達もいるけど・・
そんな治療じゃだめなのかな・・・・
高齢だとダメージは大きいけど、回復して
ほしいよね。
トトちゃんはお留守番のトラウマかぁーー・・
日暮れも早くなったし、遅くなりそうな
時は電気を付けて行った方がいいかもね~。
ウチの茶色組もよく前足を舐めてるよ~。
寂しかったり、ヒマだったりすると舐めるみたい。
わんこは人の気持ちをよく写しだすよね・・・

2011/09/15 (Thu) 23:28 | EDIT | REPLY |   
トトママ  
コメントありがとうございます

チーちゃんへ

こんにちは
よみにげになっています。ごめんねぇ

私には心労はないと今は思ってます
主人はやはり・・口数も少なくなり、だいぶショックを隠しきれない様子。
可哀相と思ってます
私が父の病名を告知されたとき、かなりショックで
涙がとまりせんでしたからね。

トトはとっても敏感な仔なのよね
大丈夫、大丈夫って。だから昨日は少しの時間だけしか
病室にはいませんでしたよ

レオンのかあちゃんへ

こんにちは

これが実の親かどうかというのもあるのでしょうか
驚きとこれから痛みが発症したとき
それと最悪な時を迎えた時、またあの苦労を一人で背負うのかなぁと
でも、娘が言います
今度は私も大人になったから手助けできるから~と。

犬は敏感よねぇ~
ほんと、つくづく思うの


くーちゃんへ

ごめんねぇ~
又、今日の記事でくーちゃんに叱られるかなぁ~
でも、数十年前の愚痴いっちゃった。

読み逃げ応援暫くは許してね~

暗くなって帰ってこないというのが
どれほど、トラウマになってるか、わかるんです
トトにはそういう寂しい想いさせちゃったからねぇ

今度は電気つけていきます。

2011/09/16 (Fri) 15:29 | EDIT | REPLY |   
野風  

はじめまして
我が家にも4チワワいます。
そして高齢の母も。
日曜日はワンコのストレス解消日と決め
航空公園へと行き遊んでいます。
病気の家族をかかえるのは
本当に大変ですよね。
よくわかります。
また お邪魔させてください。

2011/09/17 (Sat) 05:49 | EDIT | REPLY |   
トトママ  
Re: コメントありがとう

> 野風さんへ

こんにちは

ご訪問ありがとうございます
これからも宜しくね

4わん、すごいですねぇ~
今、2わんでも精いっぱいの私。

親一人子一人で父の闘病時に介護してきた気持ちと
くらべれば負担も少ないです。

義母には姪もたくさんいますし
子供3人います。私は嫁とはいえ一人だけで苦労しなくても
気持ちの上では楽ですもの。

2011/09/17 (Sat) 13:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

About this site
About me